特殊エレメントろ過装置 アクアスマシ(特許)

特殊構造・性能のろ過エレメントにより、重金属類や濁質、有機物を始めとする様々な排水を良好に処理します。

アクアスマシの概要

様々な排水を清澄水へと処理することができる特殊ろ過装置です。 特殊構造・性能のろ過エレメントにより、重金属類や濁質、有機物を始めとする様々な排水を良好に処理可能です。 小型であるため、大掛かりな設置工事は必要なく、既存施設への増設や新設の他、処理不良を 起こしている排水処理施設や一時的な土木工事現場等、あらゆる水処理現場へ設置できます。

アクアスマシの特徴


特殊なろ過エレメントによる高効率処理

アクアスマシは、特殊構造・性能のろ過エレメントを内蔵。重金属類や濁質、有機物を始めとする様々な排水を処理します。

◆通常のろ過装置に比べ、ろ過表面積が広い
径600mmの通常ろ過装置のろ過表面積が0.28m2であるのに対して、径600mmのアクアスマシ(600A型)では、41本のろ過エレメントが内蔵されているので、9.3m2になります。(約33倍のろ過表面積を持ちます)

◆ろ過表面は理論値より大きい
ろ過が進むにつれて、ろ布エレメントに汚泥が層状に吸着するため(~50mm)、外周が大きくなり、 ろ過表面積はさらに大きくなります。また、汚泥が層状になるため、高度な処理ができます。 (スラッジブランケット効果)

◆ろ布は耐酸、耐アルカリ、耐微生物
強酸、強アルカリの処理水をそのまま通水可能ですので、通常膜処理ではできなかった方法を用いることができます。(例:金属類含有排水に凝集剤を入れ、凝集物をそのままろ過する方法が可能です)

特殊構造により、排泥が簡易に

◆逆洗水が必要ない
空気だけで逆洗するため、逆洗で排水される汚泥は含水率の低い汚泥となります。そのため、従来よりも汚泥処理費用を削減できます。排出汚泥は脱水袋などに受けて直接廃棄できます。

◆逆洗時の剥離効率が良い
特殊な3層構造のろ過エレメントにより、圧縮空気が均一に出ると同時に、ろ布が膨張するため、一瞬で汚泥を剥離させることができます。

可搬型・コンパクト

◆設置が容易
可搬型かつコンパクトなので大掛かりな設置を伴わず、工事現場や突発的・一時的な処理現場に持っていくことが容易です。ユニックでのつり上げが可能です。

適用現場

適用箇所は様々で、処理不良を起こしている既存排水処理施設や新設の排水処理施設で用いることもできます。

浸出水、井戸水、工場排水等の重金属処理

ヒ素、鉛、銅、亜鉛、クロム、水銀等の重金属類の処理に適用可能です。廃棄物処理場からの浸出水や工場排水、鉱山跡地等からの湧出水、井戸水、建設現場残土等から流出する有害物質含有排水等に対応できます。アクアスマシを組み込むシステムを採用することで排水中の有害物質除去と汚泥の減容化が可能となり、汚染排水や汚泥の産業廃棄物処理コストが削減できます。

工事現場等から流出する濁水(重金属を含む)の処理

ガソリンスタンドなどの工事現場に設置し、懸濁物質などを容易に処理する事ができます。濁水に重金属等が含まれている場合は、前段に適切な凝集剤を投入する事で、ろ過処理する事が可能です。また、ろ過助剤を用いることで処理能力を向上させることも可能です。

SS由来のBODやCOD、色度等の除去

放流水中のSSに由来するBODやCOD、色度の除去が可能。食品工場排水等の有機排水に適用できます。さらに流動担体を併用した処理等により、菌体剥離物を含む沈殿槽内の上澄水のさらなる高度処理が可能です。(バイオスマシ)

仕様

  • VUは本体仕様がVU+FRP、SSは本体仕様がSS内面タールエポ、SUSは本体仕様がSUS。
  • 原水ポンプ、屋外盤、コンプレッサー、剥離用空気貯槽含む。二次側電気、動力、計装配線3m付属。
  • 型式は処理流量、処理圧力、排水の性状で決定。
  • ろ布の型式は排水の性状で決定(実排水テスト)。