含油・食品排水対応 バイオスマシ

PVA流動担体と特殊エレメント装置の組み合わせで高含油排水の処理を可能にします。

日排水量50m³までコンパクトな処理が可能です

回分式活性汚泥法に比重1,025,BOD容積負荷2.5~5.0kgBOD/m³/日のPVA(ポリビニルアルコール)流動担体を併用し菌体剥離物を含む沈殿上澄水は特殊エレメントろ過装置®アクアスマシ(特許)で清澄ろ過して日排水量50m³まで放流します。

アクアスマシは補足したSSを瞬時にエアー排泥しますので砂ろ過方式と異なり逆洗水のために原排水量が増加することはありません。

バイオスマシサイクル

適用現場および効果

・日排水量50m³までの食品工場様排水処理
・含油排水(動植物油)処理装置として
・余剰汚泥の生成を抑制
・汚泥のバルキング、キャリーオーバーの現場
・下水道除害施設として
・可搬型タンクでの装置製作も可能(~20m³)