MF膜ろ過装置

懸濁物質・コロイド粒子・細菌等を高効率に分離・除去。膜ユニットのランニングコスト低減にも。

MF(精密ろ過)膜装置とは

MF(精密ろ過)膜装置は、孔径が0.01μm~1μm程度で、懸濁物質・コロイド粒子・細菌を効率的に分離・除去するMF膜を有しています。

処理能力に合わせ、GS膜・GL膜から選択が可能です。

GS膜について

  • 高い透水性を持つ

    孔径0.02μmで、UF(限外ろ過)膜に近い分離性能をもちながら、MF(精密ろ過)膜の高い透水性能を両立しています。

  • 独自構造と洗浄方法で詰まりにくい

    特殊な膜表面の構造により、汚れが付着しにくくなっており、また中空糸の間に粒子が蓄積しにくくなっています。

  • 原水の回収率が高い

    特殊なモジュール構造、逆洗方式により原水の効率回収が可能です。

  • 省スペース・低コスト化

    ハウジングの高さは約1m、コンパクト設計となっております。