水産加工排水処理設備の運用改善提案

現場情報

処理排水 水産加工排水
トラブル内容 汚泥のフロック形成・沈降が悪く、キャリーオーバーや基準値超過が起きていました。

提案内容

活性汚泥の状況確認のため、曝気槽の微生物観察を実施したところ、微生物がうまく働けていない状況が確認できたため、バイオ製剤の導入をご提案しました。また、脱水効率を上げるため、高分子凝集剤の再選定を実施しました。

導入結果

今回は、新たな設備の導入はせず、既存の設備を使用して処理を改善するよう提案を行いました。ご提案前は、なかなか安定した処理ができないことが多かった設備ですが、ご提案後は処理状況が改善され安定稼働が可能となりました。また、2週間に1回のメンテナンスも行っており、施設管理のサポートを行っています。

現場写真

PAGE TOP