排水処理装置発生余剰汚泥量削減システム バイオバランス

PVA流動担体と曝気槽を組み合わせることで、発生汚泥量を大幅に削減します。

特徴

排水中のBODは活性汚泥法で浄化されることに伴い、その30%~40%が余剰汚泥に転化します。バイオバランスは、PVA流動担体槽と曝気槽を組み合わせて、互いに異なる菌相による処理を行い、発生汚泥量を大幅に削減します。

また、前処理に油分解に優れた自社開発Bio製剤(バイオラップ)を併用することで、油分の多い排水処理に対しても優れた削減効果を発揮します。

連続式バイオバランスフロー図

連続式バイオバランスフロー図

回分式バイオバランスフロー図

回分式バイオバランスフロー図

膜分離式バイオバランスフロー図

膜分離式バイオバランスフロー図

可搬型膜分離式バイオバランスフロー図

PVA流動担体と膜分離装置を共通ベースに一体的に配置して省スペースで高速処理が可能です。

可搬型膜分離式バイオバランスフロー図