小規模食品排水処理システム バイオバランス

PVA流動担体槽と曝気槽の組み合わせによるシステムで、省スペース・高効率処理を実現します。

バイオバランスについて

バイオバランスは、小規模食品排水を対象とした排水処理システムです。内部に多くの微生物を保持できるPVA流動担体を組み合わせた処理により、高効率で省スペースな処理が可能となります。

  • 既存処理設備の処理能力を向上
    既存設備への導入で高負荷運転が可能になります。
  • 既存処理設備を活かした導入が可能
    既存のフローに合わせてご提案を行います。
  • 省スペースで運転可能
    高負荷での運転と既存の設備への導入で、追加の設備が不要な場合があります。
  • 余剰汚泥の減容により汚泥処分コストを低減
    微生物の増殖と自己消化が同程度になる為、余剰汚泥が抑制できます。

余剰汚泥抑制の原理

排水中のBODは活性汚泥法で浄化されることに伴い、その30%~40%が余剰汚泥に転化します。

バイオバランスでは、前段のPVA流動担体槽でBOD成分を処理し、後段の曝気槽で自己消化を促進することで、余剰汚泥の発生を抑制します。

連続式バイオバランスフロー図

PVA流動担体槽の後段に曝気槽を設けた、連続式処理フローです。現状の設備を活かした処理方法のご提案も可能です。

回分式バイオバランスフロー図

回分処理槽の前段にPVA連続処理槽を設けた、回分式処理フローです。回分処理槽で沈降分離された上澄水の処理としてアクアスマシ(特殊エレメントろ過装置)を設置することで、更に高度処理が可能となります。

膜分離式バイオバランスフロー図

PVA流動担体槽の後段に膜分離槽を設けた、膜分離式処理フローです。膜ユニットで直接ろ過し固液分離を行う為、活性汚泥が流出しづらく、安定した処理が可能です。

可搬型膜分離式バイオバランスフロー図

PVA流動担体槽と膜分離槽を共通スペースに一体的に配置した可搬型膜分離式処理フローです。省スペースで、高速処理が可能となります。

現場導入事例

余剰汚泥抑制システムバイオバランス

惣菜等製造の食品工場様。水量は少ないものの既設処理設備では処理が充分ではなく、濁質や臭気等に問題がありお困りでした。

ご相談を頂き、膜分離式バイオバランスによる処理を既存設備の2次処理として設けることをご提案しました。導入後は良好な処理水を安定的に得ることが出来ています。