排水処理装置発生余剰汚泥量削減システム バイオバランス

PVA流動担体と曝気槽を組み合わせることで、発生汚泥量を大幅に削減します。

バイオバランスの特徴

排水中のBODは活性汚泥法で浄化されることに伴い、その30%~40%が余剰汚泥に転化します。バイオバランスは、PVA流動担体槽と曝気槽を組み合わせて、互いに異なる菌相による処理を行い、発生汚泥量を大幅に削減します。

また、前処理に油分解に優れた自社開発バイオ製剤を併用することで、油分の多い排水処理に対しても優れた削減効果を発揮します。

バイオバランスの原理

PVA流動担体槽でPVA担体を好気条件下で流動させることで内部の微生物が排水中のBOD成分を処理すると、後段の曝気槽では微生物類が飢餓状態となります。

曝気槽の微生物の増殖速度と自己消化速度が同程度なるよう設定することにより、余剰汚泥の発生を抑えます。

連続式バイオバランスフロー図

PVA流動担体槽の後段に曝気槽を設けた、連続式処理フローです。現状の設備を活かした処理方法のご提案も可能です。

回分式バイオバランスフロー図

回分処理槽の前段にPVA連続処理槽を設けた、回分式処理フローです。回分処理槽で沈降分離された上澄水の処理としてアクアスマシ(特殊エレメントろ過装置)を設置することで、更に高度処理が可能となります。

膜分離式バイオバランスフロー図

PVA流動担体槽の後段に膜分離槽を設けた、膜分離式処理フローです。膜ユニットで直接ろ過し固液分離を行う為、活性汚泥が流出しづらく、安定した処理が可能です。

可搬型膜分離式バイオバランスフロー図

PVA流動担体槽と膜分離槽を共通スペースに一体的に配置した可搬型膜分離式処理フローです。省スペースで、高速処理が可能となります。