排水処理システム バイオバランス

バイオバランスは余剰汚泥発生量を従来法に比べ、40~70%抑制した、排水処理システムです。

  • 既存処理設備の処理能力を向上
  • 既存処理設備を活かした導入が可能
  • 省スペースで運転可能
  • 余剰汚泥の減容で汚泥処分コストを低減

9つの処理方式一覧

主要な処理方式を下記に示します。この方式を元に、お客様の現場に最適な処理方法を設計します。

回分法(BS法)一般的な回分処理方式で、BOD300mg/Lまでの排水が適用となります。設備がシンプルでイニシャルコストが抑えられ、少量排水に最適です。
回分バイオモジュール法(BS+BM法)回分処理槽にバイオモジュールを加えた処理方式で、BOD500mg/Lまでの排水が適用となります。浮遊MLSSを少なくすることで、汚泥界面上昇を抑制します。
流動担体回分法(KG+BS法)回分処理槽の前段に担体流動槽を設置した処理方式で、BOD1,000mg/Lまでの排水が適用となります。余剰汚泥発生率は10%~20%以下と低く、50㎥/dの設計では脱水機は不要です。
担体凝集沈殿法(KG+BS+FL法)流動担体(KG)→紐状濾材(BM)→凝集沈殿処理(FL)でBOD1,000mg/Lまでの難分解性排水に適用となります。麺類、漬物、行程排水などSSが多く沈降性や分解性の悪い排水に適用可能です。
流動担体回分バイオモジュール法(KG+BS+BM法)回分バイオモジュール槽の前段に流動担体槽を設置した処理方式で、BOD1,500mg/Lまでの排水が適用となります。
流動担体活性汚泥法(KG+AS法)BOD2,000mg/Lまでの排水が適用となります。
活性汚泥膜分離法(AS+MBR法)BOD2,000mg/Lまでの排水が適用となります。膜で直接ろ過することで処理水のSS流出が無くなり、また沈殿槽も不要となる為、コンパクトに処理が可能です。
流動担体活性汚泥膜分離法(KG+AS+MBR法)流動担体処理と膜分離処理を併用した連続式の処理方式で、BOD2,000~4,000mg/Lまでの排水が適用となります。
加圧浮上流動担体活性汚泥法(AF+KG+AS法)加圧浮上槽と流動担体処理を組み合わせた処理方式で、BOD4,000mg/L以上の排水に適用します。

処理方式の選定・ご提案

最適な処理方式のご提案のため、現状の処理状況や、原水の状況のお伺いなどを行います。その後、必要であれば机上試験などを実施し、処理方式を決定致します。

  1. トラブル内容やご要望をお聞かせください。
  2. お伺いした内容をもとに処理方式を検討します。
  3. 必要に応じて、処理対象水を頂き、机上試験を行います。
  4. ご提案書、必要であればお見積書をお渡しします。
  5. 実際の設備の導入・施工を行います。

排水処理ご提案事例

糀関連製品製造工場の排水処理設備新規導入

特定施設に該当し、除害設備が必要となったため、コンパクトな処理設備をご提案しました。原水は、米麹製造濃厚排水(BOD10,000 mg/L)で目標値はBOD600 mg/Lとして処理を行っています。

洗米排水処理設備の既存設備改修による改善提案

沈殿池での沈降不良のため、キャリーオーバーすることがあり、膜分離の導入を検討されているとのことでお問い合わせを頂きました。処理の改善と、設備改修後のメンテナンスも含め、設備のご提案をさせて頂きました。

水産加工排水処理設備の運用改善提案

施設および水質診断により、既存の排水処理設備を活かした改善提案を実施。基準値超過等のトラブルが改善され、安定稼働を行っています。

惣菜等製造の小規模食品工場排水の処理

惣菜等の食品工場様。水量は少ないものの既存処理設備では処理が充分にできず、濁質や臭気等に問題がありお困りでした。

食品工場の移転

お客様概要 生産品目 カット野菜等 排水量 100m3/日 原水水質 BOD(480mg/L) 課題・ご要望 食品工場を移転に伴い、発生する排水の処理のご依頼を頂きました。排水処理建設予定地に新店舗が ...

排水処理設備メンテナンス

運転管理

膜ユニット洗浄

脱水機点検・整備

機器点検・整備